• このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
  • mixiチェック
  • EVERNOTE CLIP

甘酒の作り方

ダイエット・美容にも
 

・甘酒にはブドウ糖、ビタミンB1、B2、B6、天然の必須アミノ酸を多く含む総合栄養ドリンクです。
・食物繊維、オリゴ糖による整腸作用もありジャパニーズヨーグルともいわれてます。
・市販品と違い保存のため65℃以上での加熱処理をしていない手作りの甘酒を、ややぬるめで飲むことは、加熱すると失活する酵素もそのまま取り込むことができるので大変理にかなった栄養ドリンクといえます。

  • 重要ポイント
  • ・最初の加熱時、麹を入れたら豆火にして60℃以上上げない。
    ・発酵中は55℃〜60℃を保つ。低くても高くても駄目。
    ・酵素も摂取したい場合、冷やしで飲むか、再加熱する場合でも60℃以下のぬるめで飲む。

ステンレスボトルで作る場合

(材料)
ご飯1:麹1:水3の割合です。

ご飯(冷ご飯でも可)300g、米生麹300g又は甘酒こうじ1袋を1粒ばなれに手でほぐしたもの、水900cc(米こうじ200gの場合、ご飯200gと水600ccとなります。ステンレスボトルは容量1.2リットル程度のもの)
(道具)

ステンレスボトル(ホームセンターで1,000円位で売ってます。容量1.5リットル以上 )
オタマ、鍋、温度計(なるべく使用して下さい。)
あらかじめステンレスボトルに熱湯を注ぎ、温めておきます。
‘蕕砲竿咾鯑れ、水を加えます。
60℃まで加熱します。
0戝恐个鮖澆瓠麹を加えます。
げ硬抃廚之廚蠅覆ら、60℃になった瞬間、すぐ火を止めます。麹菌が死ぬので絶対加熱しすぎない!
イ△蕕じめ熱湯を入れ温めておいたステンレスボトルに入れる。
ιず温度を計り60℃〜63℃にすることが重要。低い場合はもう一度加熱し直す。高い場合は鍋に戻して温度を下げる。
Р硬戮下がらないように暖かいところで(冬季は特に)10時間〜15時間発酵させる。

ヨーグルトメーカで作る場合

最初の加熱の手間がないので簡単です。加熱しすぎて麹菌を殺してしまう失敗がありません。お勧め。

(材料)
米こうじ200g、ご飯200g、水600cc
米生麹甘酒こうじ1袋(1粒ばなれに手でほぐしたもの)の場合も上記分量に計量してください。
(道具)

ヨーグルトメーカー
,竿咾鰺憧錣貌れ、水を入れます。
箸でよくかき混ぜます。
よくかき混ぜます。
て盂検外蓋をして容器に入れます。
て盂検外蓋をして容器に入れます。
ゲ硬戮60℃、時間を12時間にセットします。

ヨーグルトメーカで作る場合


出来上り